境内のご案内

岐阜善光寺 境内

本堂内中央には善光寺如来、御三卿 右方には弘法大師、左方には不動明王と秋葉三尺坊がお祀りしてあります。
善光寺は明治24年の濃尾大震災で全焼し為、大正初年に再建されたもので、約100坪ある立派な建物です。

釈迦如来座像

本堂内にお祀りされています。
平安時代に作られた仏様であり、岐阜市の重要文化財に指定されています。

末光稲荷大神

お寺の守護神です。
お寺には仏様がお祀りしてあるのは当然ですが、殆どのお寺には、お寺を守るための神様も、お祀りしてあります。
現在の社,拝殿は昭和60年頃に新しく建てられたものです。

大黒天

小さいながら立派なお堂の中に、一木彫の大黒天がお祀りしてあります。

水掛・願掛不動尊

手洗いの前に北向きにお祀りされたお不動様で、多くの方が、様々なお願い事を込めて水を掛けてお参りされます。
不動尊の右手には救われ杓文字が沢山奉納されています。

水子・子育て地蔵尊


お地蔵様は愛する子供の健康と成長をお祈りする仏様です。
同時にこの世に無事に誕生することが出来なかった水子之霊の安らかならんことをお祈りします。