あすなろ落語研究会 第4章

周辺の山々はかなり遅い紅葉を迎えておりますが、
朝夕の寒さは、いよいよ冬本番ですね。

今週末行われますイベントの紹介です。
岐阜大学落語研究会の学生達が、
今年定期的に開催してきました、
プロの噺家さんとのコラボ企画第4段です。

若きプロの落語家さんをお迎えし、
その芸を見るだけではなく、おこがましくも
同じ高座に上がってしまおうと企画です。
まさに上がって砕けろ。
是非ご来場下さい。

平成23年12月10日(土) 午後2:00開演
出演:瀧川 鯉朝(落語芸術協会)
   岐大落研 ながら家 桜太郎(工学部1年)
        鵜飼家 志ゞみ(工学部1年)
木戸銭1,000円

平城の古寺を巡る旅

またまた久しぶりの更新となってしまいましたが、
今月の行事のご案内です。

「薬師寺・唐招提寺~写経と法話の旅~」
毎年2回ほど巡礼の旅を行っておりますが、
本年の1回目は下記の日程で、
平城の古寺、薬師寺さまと唐招提寺さまをお参りします。

参加を予定していた方の中に欠員が出たため
直前のご案内となりましたが、
ご興味のある方、是非ご参加下さい。

薬師寺さまでは、写経体験と法話を聴くことができます。
またとないこのご縁に是非どうぞ。

日時:6月13日(月) 午前7時 岐阜善光寺集合
参加費:7,000円(写経、昼食含む)

申込み・お問い合せは info@gifu-zenkoji.jp までどうぞ。

合掌

お十七夜

8月17日は信長公が信州善光寺の本佛さま(御本尊)を
岐阜の地にお迎えしたとされる縁日です。

岐阜善光寺では毎年『お十七夜』として
御前立本尊様の御開帳を行います。
年に一度、そのお姿を直接拝める縁日です。
是非お参り下さい。

尚、「お十七夜講」にお入りいただくと、
翌月(9月)から毎月先祖供養をさせていただき、
来年の『お十七夜』にご招待させていただきます。
詳しくは、こちらからお問い合せ下さい。

また、本年は午後から『お十七夜寄席』もございます。
こちらも、併せてお楽しみ下さい。

合掌

8月17日(火)
午前11:00~ 御前立本尊開扉法要
午後1:00~  お十七夜寄席

胡瓜封じ

全国で大雨が続いているようですね。
ここ、岐阜も降ってます。
清流長良川も濁流となり、自然の強さ・恐ろしさを
思い出させてくれます。

当山のご近所は7月にお盆をする地域です。
岐阜市でもこのあたりだけです。
ですので、この3日間ご近所では
車で、自転車で、徒歩でお参りに回っている
お坊さんとかなりの頻度ですれ違います。

さて、行事のご案内です。
今週の日曜日18日に『胡瓜封じ』が行われます。
今年も夏を無事に越せるように、
また、病気封じ、ボケ封じの願いを込めて、
是非お参り下さい。
各自1本ずつ“きゅうり”を持ってお参り下さい。

午前10:00~午後5:00
祈祷料 一人1,000円

高野山への旅 結縁灌頂(けちえんかんじょう)

岐阜善光寺住職と行く
参拝旅行のご案内です。

5月2~3日に高野山へのお参りを企画しています。
今回は3日に行われます、結縁灌頂(けちえんかんじょう)に
入壇(参加)していただきます。
結縁灌頂とは佛さまとご縁を結ぶ儀式であり、
真っ暗の中で一人ひとり、それぞれの佛さまとご縁を結びます。

参加希望、ご興味のある方は電話又はメールにて
お問い合せ下さい。
日時:5月2日()~3日(
参加費:20,000円
ゴールデンウィークの旅にいかがでしょうか。

合掌

← Previous PageNext Page →